アフターピルの値段は産婦人科で処方してもらうといくら?

アフターピルとは、事後に避妊ができる緊急避妊薬です。

そんなアフターピルは医薬品の中でも医師の処方が必要な
処方薬というカテゴリーなので、手に入れたい場合は
病院を受診して医師に処方箋を書いてもらう必要があります。

その場合の値段について気になる人も多いでしょう。
アフターピルを処方してもらう場合は婦人科や産婦人科などを
受診して処方してもらう人が多く、保険適用外の自由診療となります。

アフターピルを産婦人科で処方してもらう場合は薬代の他にも
初診料などの診療費がかかりますし、自由診療ということは
医療機関によって値段設定も異なります。

ですので一概にいくらと決まった値段があるわけではありませんが、
アフターピルでのノルレボですと1錠15000円ぐらいが目安となります。
その他に診療費がかかると2万円程度は必要になるでしょう。

病院が個人輸入をしていてノルレボのジェネリックがある場合や、
120時間まで避妊効果があるアフターピル「ella」が処方される場合は
もう少し安い値段でアフターピルを処方してもらえる可能性もあります。

ただ、産婦人科を含め病院でアフターピルを処方してもらう場合は
少なくとも1万円以上は費用がかかると思っておいたほうがいいでしょう。

産婦人科でのアフターピルの値段が高いと思った方は個人輸入などで
アフターピルを購入すれば1錠1000円以下で購入することが可能です。
個人輸入の欠点はすぐに手に入らないことです。

なので緊急にアフターピルが必要な状況に陥っている方は値段に関しては
我慢して産婦人科を受診するか、オンライン処方を利用しましょう。

関連:アフターピルの個人輸入と3日以内に届くオンライン通販について