アレルギーが原因でできるにニキビの特徴

“そもそもニキビは皮脂の過剰な分泌によって起こると思われがちですが、大人のニキビの場合には、肌が乾燥することによってニキビを作り出している場合もあります。一般的に思春期の人たちにあらわれるものが皮脂の過剰分泌によるもの、大人にあらわれるものが乾燥によるものにわけられます。ニキビの原因は様々で、生活習慣の乱れによるもの、ストレス、食生活、ホルモンバランス、メイク方法などがあげられます。そしてあまり知られていない原因として、アレルギーによるものがあげられます。生活習慣も見直し、食生活にも気を付け、ストレスも発散したりと、考えられる原因を排除しているにも関わらず、ニキビの改善が見られない場合、もしかしたらアレルギーによって引き起こされているのかもしれません。
考えられるアレルギーとして、まず食物アレルギーがあげられます。食物アレルギーと聞くと、かゆみやじんましんがあらわれたり、ひどい場合には呼吸困難に陥るなど、食べた直後に症状があらわれるものが一般的です。しかし食べてから数時間から数週間後に症状があらわれる遅延型の食物アレルギーもあるのです。遅延型のものにあらわれる症状は、頭痛、めまいなどの精神的な症状や、便秘、下痢などの内臓にあらわれる症状、肌荒れ、ニキビなどの皮膚症状など、命に直接関わる症状はないものの、さまざまな種類の症状があらわれるのが特徴です。症状があらわれるまでに時間がかかるため、食べ物との関連性がわかりにくく、アレルゲンも特定しにくいのです。
そして金属や化学繊維のアレルギーがニキビの原因となっている場合もあります。これらの症状は肌に触れた部分があかくなったりかぶれたりしますが、気付かないうちに少しずつ刺激を受けて、ニキビの原因となっていることがあるのです。”
ヒルドイドの通販