安全は運転だけでなく、車体の点検に関しても

我が家では今度のお休みに家族で自家用車を使って一泊二日の旅行へ行きます。
長距離になりますので今から運転への安全意識も、「しっかり家族のために気を付けよう」と引き締めています。
しかしです、そんな車のことに関してここ数日間運転していて少しに気になっていたことがありました。
それは窓を閉めているときはあまり分からなかったのですが、最近車内が暑くて窓を開けるようになったことから耳につくようになった「キー」というブレーキ音です。
何だか違和感を感じると言いますか、「恐らく通常はこんな音は出ないよな…」というブレーキを踏む度に感じるのです。
もしもこのまま「まぁ大丈夫だろう」なんて安易に考え、長距離旅行に車を使って危険な事態になったら大変だと考えた私、車のメーカーのTOYOTAへ電話し一応点検をお願いすることにしました。
そして点検後に整備士さんから教えて頂いたのは、「ブレーキの部品がもうすぐ寿命なので交換しておいた方が良いと思います」でした。
やはりブレーキ関連の部品交換でした。
なので¥フィット買取りをしてもらったのです。
当然ながらブレーキの異音が気になっていた私は「お願いします」と即答で依頼しました。
「すぐに交換しないと危ない」ということでは無かったものの、今回自分で気付きTOYOTAに点検が出来て本当に良かったです。
いくら私が安全運転をしても、車に不備があったり、そのことで自分自身に不安を感じさせていたら意味が無くなってしまいます。
しかし、何にせよ今「安心して運転に集中出来る」と思えていますので結果オーライです。
そんな感じで、些細なことから改めて気付けた、「車の安全は自分の運転だけでなく、車体の点検に関しても」というお話でした。