Monthly Archives: 8月 2014

リカバリーディスクで再起動を試みました

2年前までは使えていたPCがあったのですが急に調子が悪くなり使えなくなって、色々弄った挙句、結局動かず、捨てておいたのですが、付属のリカバリーデスク風なのがあったことを思い出しました。
それでまたやって見ようという気になりました。
なぜそんな気になったんかというと、電源すらろくに入らなかったPCが、不思議なことにスムーズにWINDOWSのロゴまでは表示されるようになっていたからです。
そこからセーフモード画面までは設定できるのですが、そこで止まってしまうので、もしかしてリカバリーデスクを使えば起動できるのではないかと思ったのでした。
リカバリーデスクを起動させると、いい感じで動き始めました。
工場出荷前の状態にしたかったのでその設定でやっみたのですが、100%まで後わずかなところまではいくのですが、その手前で画面が真っ暗になってしまうのです。
そしてエラー表示が出てそれから先には進めなくなるのです。
諦めずに何回かやってみたのですが、また以前みたいにうんともすんとも言わなくなってしまったので、それ以上やっても無駄だと思い諦めました。
サブ機用に早めに適当な中古PCを探し出さなければならないと思いました。

楽しい有意義なひととき

昔の友人とカラオケへ行ってきました。
二十代後半と三十代後半の男性2名、懐かしくてカラオケ店で5時間弱も雑談しました。
私が学生時代、同じバイト先で知り合った人達なんです。
二十代後半の方は十代の頃に5年間ひきこもったのち大検を取得し、大学入学。
そして昨年就職されて来年結婚予定の彼女もいるとの事。
ここまで這い上がったという方はかなり珍しいのではないだろうか。
冗談ぽく「よくここまで登れましたよね?」と言ったら笑いながら同意してくれました。
その人が就活・仕事するうえでの心構えでとても心に響いた言葉がある。
「やってみなきゃわからない」仰るようにどんな事であれ、実際に自分で行動してみないことにはわからないなと思い、非常に納得したし深みがあります。
このお言葉は何事に対しても常に念頭に置きたい。
三十代後半の人はずっと年相応の生活をされてきた人で、お子さんが思春期で最近冷たいとぼやいてました。
よく見たら白髪が少し目立つようになっていて、私達が出会ってからかなりの月日が経った事を思い知らされる。
他にも色々な話ができて楽しかったし、今回も得るものが沢山あり刺激を受けモチベーションも上がり有難い限りです。
お互いは家が離れてるので頻繁には無理ですが、次回は結婚式で会おうと言い笑顔で別れました。